GRAFT Blockchain:2,200万以上のGRFTが販売される

GRAFTは、誰もが使用できるグローバルでオープンソースのブロックチェーンベースの分散型決済ゲートウェイと処理プラットフォームである。 バイヤーとマーチャントは完全に分散した安価な方法でGraftを使用できる。 Graftエコシステムはオープンであるため、誰でもGraftブロックチェーンを維持し、ネットワークサービスを実装することで参加できる。 Graftは、世界中の何百万人ものユーザーやマーチャントに既によく知られているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどの従来の電子決済システムと同様の決済処理プロトコルとフローを採用している。 このアプローチにより、メインストリームの支払いプラットフォームとして、Graftをより簡単かつ迅速に採用することができる。同時に、バイヤーとマーチャントの間の取引を促進するために現在必要とされる中央仲介業者(支払いゲートウェイとプロセッサ)の必要性が排除される。

現在GRAFTは2,200万以上のGRFTを販売している。彼らのメインネットはすでにローンチが行われおり、さらに暗号通貨が利用できる場所を見つけたり、受付店舗を発見することでボーナスをもらえるCryptoFindを先日リリースした。

このアプリケーションでは暗号通貨での支払い受付店舗を見つけることによってGRFTを報酬として受け取ることができる。


セールは残り2日となっており、GRFTを受け取るためにはすでにリリースされているウォレットが必要となる。

GRAFT Blockchainの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。