グーグルは10月より暗号通貨関連広告を米国と日本で一部許可する

今年6月より世界最大のオンライン広告プロバイダーであるグーグルは金融サービスポリシーの「暗号通貨と関連コンテンツ」に関する広告を制限すると発表した。これには主に、ICO、取引所、ウォレットやトレードに関するアドバイスが含まれていた。

しかし、今回グーグルは暗号通貨関連の広告を米国と日本で一部許可する計画を立てている。これには規制に遵守した取引所などが含まれる。新たなポリシーは10月より適応される。新たに広告を配信するには、認定申請が必要となる。

これまでに、フェイスブックやツイッターなども暗号通貨広告の一括禁止を行っていた。しかし、フェイスブックは6月に適格性を評価するのに役立つ申請書を提出したのち認可された場合の広告を許可している。引き続きICOの広告は禁止されている。
フェイスブック、暗号通貨関連広告の一括禁止を改訂。承認を得た広告を許可する

参考元
cnbc.com