グーグルはクロムストアから暗号通貨マイニング拡張機能を排除、禁止する。

世界最大手検索エンジ「グーグル」はクロムストアから暗号通貨マイニング拡張機能を禁止すると発表した。7月にはマイニングを行うブラウザ拡張機能を削除する予定である。他のブロックチェーン関連の拡張機能は継続される。

グーグルはこれまで、クロムストアのマイニング機能拡張が、明示的かつ唯一のマイニング機能であり、ユーザーに機能についての説明が行なわれている限り、許可していた。しかし、提出されたマイニング拡張開発業者の約90%がそれに遵守しておらず、今回の決定に至っている。

開発者たちはクロムストアの承認を得るまで、拡張機能のマイニング機能を隠す方法を開発しており、この問題を単独で解消することができなかったが、今回のステップによって、グーグルの要求は明確になり、より詳細に拡張機能を精査するというコミットメントのようだ。

これらの拡張機能はマイニングスクリプトを紛れ込ませ、ダウンロードしたユーザーは知らぬ間に自身のパソコンで暗号通貨マイニングをさせられていることになる。

これまでにも、グーグルのダブルクリック広告サービスFacebookメッセンジャーアプリAmazon Web Services、公共のWiFiを利用し、ユーザーにマイニングをさせるという事例は多く発生してきている。

スターバックスのWiFiがハックされ顧客のラップトップでMoneroのマイニングを行う

参考元
wired.com


ETH TOWN

ETHTOWN