ビットコインを利用した決済スタートアップ企業の資金調達にゴールドマンサックス、グーグルベンチャーズが参加

ビットコインを利用し銀行間の資金を移動させるクロスボーダー決済プラットフォームである「Veem」は、ゴールドマン・サックスが率いる調達ラウンドで2500万ドルを調達した。このラウンドにはGoogle Ventures(GV)、Kleiner Perkins、Pantera Capital、Silicon Valley Bank、Trend Forward Capitalも参加した。

Veemは以前にウェスタン・ユニオンにてサービス開発し販売していたMarwan Forzely氏によって設立された。サンフランシスコに本拠を置き2015年5月に設立された際には90人程度の顧客数であったが、80,000人以上に拡大している。1年間で収益を4倍に伸ばした。

今回の資金調達により、2017年3月に2400万ドルを調達したシリーズBラウンドと合わせて6,930万ドルとなる。リード投資家であるゴールドマン・サックス
は、ブロックチェーン業界で活躍するPrincipal Strategic Investment Groupを通じて新ラウンドに参加した。

GVのゼネラルパートナーであるKarim Faris氏によれば、Veemが初のビットコインスタートアップになる可能性があると考えており、GVは戦略的投資家ではなく、独立系企業を築き、財務収益や最終的なIPOを提供する手段としてVeemを見ていると述べた。

ビットコインを利用したクロスボーダー取引を提供するスタートアップは他にもアフリカを中心にサービスを提供するBitPesaなどが存在する。
アフリカの送金サービスBitPesaがタンザニアにも拡大

参考元
ccn.com