ゴールドマンサックス、投資家はもうビットコインを無視できない

ビットコイン価格はついに4,000ドルを突破した。昨日、日本円で40万に到達したが、さらに上昇し現在45万円前後で推移している。

ビットコインなどの暗号通貨は世界の金融市場へ徐々に浸透してきている。投資信託の販売、運用を行うFidelity InvestmentsはCoinbaseとパートナーを組み暗号通貨への投資に目を向けている。大手金融機関ゴールドマンサックスは投資家たちに対して、もはやビットコインを無視はできないと暗号通貨の潜在的なポテンシャルを伝えた。

ビットコインやイーサリアムの価格上昇による強力な利益を例に、顧客への報告書を送った。Q&Aでは「暗号通貨をもはや無視することはできない」と述べた。この中では主に、顧客がどのように暗号通貨に関われるか、取引や通貨の性質について話されている。ビットコインの場合、「取引媒体としての通貨」と「数に限りがある商品」との2つの側面を持つと述べられた。

7月にゴールドマンサックスにより発表されたビットコイン価格の分析では4,000ドルを超えると発表していた。

今年多くの投資家が暗号通貨への参入を発表している。中には、以前から持っていたが、公開してなかった投資家、大手企業のCEOも見られた。
ビリオネア投資家Bill Miller氏、純資産の1%をビットコインで保有
アップル共同創業者Steve Wozniak氏、700ドルでビットコインを購入していたことを明かす

近い将来、金融業界が暗号通貨へ移行することはほぼ確実に実現するのでないだろうか?以前から金融業界は新たなテクノロジーへの対応にかなりの時間を要していたが、これ以上暗号通貨を無視することは出来ないだろう。

参考元
bitcoinist.com


domeplatform