Goldman Sachs、最新の分析でビットコイン価格は4,000ドル近くに

Goldman Sachs投資銀行は最新のクライアントノートによる分析で将来的にビットコイン価格は3,900ドルを超える可能性があると発表した。過去最高額を記録した先月の分析では一時横ばいが続き、2,330〜1,915ドルまで下落する恐れがあると分析していた。

さらにBloombergでは、13年間900以上の株式市場へ助言を行ってきたRonnie Moas氏はビットコインなどの暗号通貨市場に取り組み始めたことを報じている。彼は、来年には5,000ドル、さらに10年以内に25,000〜50,000ドルにまでなるだろうと分析した。

「ビットコインは発行量が限られており、わずか2,100万BTCしか流通しない。今後世界は通貨やその他投資への信頼が低下するためわずかな流通量のビットコインを求めた戦いが行われる。現金、債券、株式、金のうち1%が将来的に暗号通貨になることは確かだ。」と語った。

「短期的なバブルが存在するだろう。」と懸念を示したものの、長期で見れば3桁のリターンを生み出す可能性もあるとしている。

今年に入り、世界中の多くの企業がビットコイン決済を受け入れるなど認知度も高まり一時3,000ドルまで上昇した。さらに新たなブロックチェーンテクノロジーを見据えた投資家によりイーサリアムの高騰もあった。テック系スタートアップによる暗号通貨を利用した資金調達ICOも広まり始めている。

最後に彼は暗号通貨の購入はすべて自己責任で誰かの助言を当てにして買うものではないとし、保有する場合はハードウェアウォレットなどセキュリティの高い方法で保管することを推奨した。

参考元
coindesk.com
bloomberg.com