米大手金融機関ゴールドマンサックス、ビットコイントレーディングデスクを開始する

米国最大の金融機関の一つゴールドマンサックスはビットコイントレーディングデスクを開始するとニューヨークタイムズ紙が報じた。昨年12月に同様のアナウンスが行われサービスの開始は6月を予定していた。

しかし、ゴールドマンサックスの役員の一人Rana Yared氏はこの作業に携わる人々のほとんどが暗号通貨に疑念を抱いているとはなした。彼はビットコインは詐欺ではないが、通貨の特徴を持たないと結論付けた。

また、「クライアントがビットコイン先物を保有したいのはこれが価値のある代替品であると感じている」からだと話した。

今後彼らは、米連邦準備理事会(FRB)とニューヨーク当局などの規制当局の承認を得ることができるならば、実際にビットコインを物理的に取引することを検討しているという。

参考元
nytimes.com