GNOSISのダッチオークションは開始10分で終了

本日2:00AMよりGNOSISのダッチオークションが開始されたが、開始わずか10分で終了した。今回のセールは13億円相当の資金が集まった時点で終了というキャップが設定されているのだが、販売方法がダッチオークション形式のため時間経過とともにトークン価格が安くなり運営の手にできるトークン価値が減少するのだが、オークションは一瞬で終了してしまった。セール参加者には現在の調達額以外に最終的な総発行量×現在価格(時価総額)の表示も行われていたが、おそらく全く気にせずに参加していたのだろう。

最終的にセール参加者が手にしたトークンと運営の手にするトークンの総額は340億円を超えてしまっているため、トークンが解放され、トレードされる時に暴落する可能性もある。最近行われたCosmosのICOなど注目されているセールでは即座に数十億円の資金が集まるのが普通となってきた。
CosmosのICOがわずか27分で18億円以上を調達し終了