ぐるなびがビットコイン決済を支援し2020年までに5万店で利用できるように

ぐるなびは今秋までにタブレット端末を使ったPOS(販売時点情報管理)レジシステムにビットコインの決済機能を加え、2020年までに同社の加盟店など5万店でビットコインを利用できるようにすると日経が報じた。

ぐるなびは飲食店の情報を集めたウェブサイトを運営する企業で、飲食店の検索、予約を無料で行える。オリンピックに向けてビットコインを持っている欧米観光客の利用を見込んでいるようだが、日本のビットコインユーザーも嬉しいニュースである。

ちなみに新宿駅西口から徒歩で行けるハンバーガーショップ、ダイナースイングはビットコイン決済を受け付けていたが、先日訪れたところビットコイン受付は終了していた。店員の方にどうして辞めたのかを聞いてみたところ厨房にいた店主らしき人物を指差して『もういいかな、って思ったみたいです。』と言われた。ぐるなびでダイナースイングを検索してみたところ見事ヒットしたため、近い将来勝手に再びビットコイン決済が導入されることだろう。