GMOがビットコインマイニング事業に参入

GMOインターネットグループは『仮想通貨の採掘(ビットコインマイニング)事業』を、2018年上半期を目処に開始することをアナウンスした。

新たな事業の概要

次世代マイニングセンターの運営(2018年上半期)

マイニングを行う高性能のコンピューター(マイニングボード)を実現するため、半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、最先端の7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)の研究開発を行う。電力供給の面では、再生可能エネルギーの豊富な北欧に「次世代マイニングセンター」を設置し、クリーンで安価な電力を調達することで、コストを抑えた施設の運営を可能にする。

クラウドマイニング事業(時期未定)

マイニングを行うための設備投資・運用が難しい個人や事業者でも、少額投資をしてビットコインが得られた場合、配当を受け取るサービス。

次世代マイニングボードの販売(時期未定)

マイニングチップを搭載したマイニングボードを販売する。

GMOコイン株式会社への仮想通貨供給

グループ会社であるGMOコイン株式会社(仮想通貨交換業登録申請中)に対し、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨を供給し流動性を増す。

参考元
www.gmo.jp