GigaWatt WTTトークンのリファーラルプログラム

現在ICO中のGigaWattはリファーラルプログラムを開始した。
GigaWatt (WTT)プロジェクトによりトークン化されたマイニングはビットコインあたり500ドル以下でのマイニングが実現

Giga WattトークンWTTは、1ワット分のマイニング機器の電力消費量をレンタルフリーかつ永久的なホスティング施設(通常、約50年)Giga Wattの処理センター容量をトークン化したものである。現在の見積もりでは、ビットコインはオンライン購買価格よりも大幅に安い500ドル以下で採掘マイニングすることができる。

リファーラルプログラムにより自身のブログなどでプロジェクトを紹介しWTTトークンが購入されることで、5%が報酬として受け取り可能だ。報酬はWTTトークンで受け取り、ICO終了後トークンローンチと共に配布される。

登録方法

cryptonomos.comでアカウントを作成

cryptonomos.com/profileにログインしリファーラルリンクを確認。

禁止事項

  • 自身のブランドに言及した広告
  • オートリファーラル
  • SMSスパム
  • メッセンジャースパム
  • SNSスパム
  • メールスパム
  • フォーラム上でのスパム

マイニング設備は非常に高い負荷のもとで24時間稼働しているため、停止や故障は避けられない。Giga Wattのオンサイトサービスセンターは、ダウンタイムを最小限に抑え、太平洋岸北西部の最先端施設からより効率的かつ利益の高いマイニングを提供する。

既存のクラウドマイニングには収益を上げられないサービスが多く存在している。クラウドマイニングについて問題であることの1つは、極端に不透明性で高いことである。Giga Wattの顧客は、インフラストラクチャーの電力、メンテナンス、使用(施設の賃貸)などのコストがいくらであるかも正確に知ることが可能だ。顧客が所有するマイニング設備を最先端の施設でホストすることで、独自の持続可能なマイニングビジネスを構築するのだ。

マイニング設備はGiga Wattによってホストされ、維持されるが、戦略的なビジネスの決定はマイニング設備所有者によって行われる。マイニングをやめ、他のマイナーにWTTトークンを貸しお金を稼ぐことも可能だ。マイニング作業を完全にコントロールすることができるのだ。

Giga Watt ICOに関する記事はこちら
Giga Watt公式ホムページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。