GigaWatt (WTT)プロジェクトによりトークン化されたマイニングはビットコインあたり500ドル以下でのマイニングが実現

ビットコインマイニングのパイオニアDave CarlsonとトークンローンチプラットフォームCryptonomosは効率的なマイニングを提供するためコラボレーションを果たす。

カリフォルニア州ウェナチー、今日、クラウドセールのブロックチェーンソリューションであるCryptonomosは、Dave Carlsonにより設計、デザインされたプロフェッショナルなマイニング機能Giga Wattへアクセスするための新たなトークンをローンチする。トークンを利用することで、費用対効果の高いマイニングを誰でも利用可能になる。

Giga WattトークンWTTは、2017年6月2日からCryptonomosにて提供され、1ワット分のマイニング機器の電力消費量をレンタルフリーかつ永久的なホスティング施設(通常、約50年)Giga Wattの処理センター容量をトークン化したものである。現在の見積もりでは、ビットコインはオンライン購買価格よりも大幅に安い500ドル以下で採掘マイニングすることができる。Giga Watt の施設は威力を発揮するためProof of Workマイナーをパワーとし、WTTトークン所有者は今後Ethereum、Litecoin、など他の暗号化通貨をマイニングすることが可能になる。

マイニング設備は非常に高い負荷のもとで24時間稼働しているため、停止や故障は避けられない。Giga Wattのオンサイトサービスセンターは、ダウンタイムを最小限に抑え、太平洋岸北西部の最先端施設からより効率的かつ利益の高いマイニングを提供する。

「当社のマイニングインフラストラクチャーをトークン化することにより、GigaWattは、最終的に世界中に巨大な経済的利益を拡大し、マイニングを遂行、熟練チームがそれを構築し管理することで成功を収めることができます」「これは、マイニングパワーの世界的バランスを分散させ、それを小さな人の手に戻す動きです。ホームマイナーはビットコインを作りました。私は、誰もが暗号通貨マイニングの爆発的な成長に参加者として成功してもらいたい」とGiga Watt 創設者Dave Carlsonは語る。

WTTトークンクラウドスケールは、2017年6月2日に開始され、60日間継続される。 トークンはGiga Wattの施設を使用する権利を表す。トークン所有者は、自分のマイナーを収容したり、他の人へ貸し出すことが可能。

Giga Wattについて

Giga Wattはワシントン州ウェナチーの施設で、ターンキー・マイニング・サービスとカスタムマイニング・パッケージを提供している。 Giga Wattは、機器販売、保守と修理、プライベートブロックチェーンサービスなど、あらゆる種類のマイニングサービスを提供。 詳細についてはこちら

Cryptonomosについて

Cryptonomosはクラウドセールに関するブロックチェインソリューションで、カスタマイズ可能な構造とスマートコントラクトを提供し、開発のあらゆる段階でコストと時間を削減、適応可能な機能の幅広い選択、スマートコントラクトの独立した監査、法令遵守とセキュリティの保証をを行う。 Cryptonomosの詳細はこちら

Giga Watt公式ホームページはこちら
Cryptonomos公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA