Getgems、お金がもらえるエアドロップとアテンション経済の威力

Getgemsのエアドロップが正式に開始された。エアドロップとはGetgems側がリザーブしているGemsという通貨をユーザーに対して毎日バラまくことを指す。

Getgems側は3,000万Gemsのリザーブがあり、このGemsを3年かけて無償でユーザーに配布する。1日27,400Gemsが配布されることになる。ユーザーはGetgemsというアプリを使っているだけで『お金』が貰えるのだが、この『お金』がもらえるという仕組みにかなりの威力が隠れている。

貢献度に応じてGemsがもらえる

gemz
独自のアルゴリズムによってエアドロップが行われる。多くのGemsを入手するにはアプリに対して貢献する必要がある。
現在、Getgems側が要求している貢献とは以下の4つである。

1.アクティブであること
2.友人を招待する
3.招待した人がアクティブである
4.人間(ボットではない)

getgems.orgより今すぐアプリをダウンロードしてエアドロップを体験しよう。

すでにエアドロップを受けているユーザーで1日500円程度のGemsを受け取っているユーザーもいる。これがもし毎日続けば年間182,500円である 。
アプリをダウンロードしたユーザーはエアドロップを多く受けたいためにアクティブになる。アクティブ化するユーザーが多くなればGetgems自体のユーザー数が指数関数的に増えて、Gems自体の価値も上がっていくことになる(現在Gems=2.4円程度)
現在ユーザーは月間27%ずつ増加している。

その先にあるアテンション経済

Getgemsは単なるLINEのようなメッセージャーアプリではない。今後、さらにアテンション経済が組み込まれることになる。現在のエアドロップはアプリ側のリザーブだが、今後は企業の広告費などもエアドロップなどに充てられる。これまではアプリ運営側と広告を出す企業間でのみお金のやりとりが行われていたが、Getgemsはユーザーにも広告費の一部が報酬として与えられる。これはGetgemsのアクティブユーザーを増やしてくれたユーザーこそが最もアプリに貢献しているという考えからきている。早期よりこのアプリをスタートしてアクティブユーザーとなることにより、今後Getgemsが爆発的に普及した時にものすごい報酬を受けることが可能となるかもしれない。あなたの貢献がそのまま報酬につながる仕組みをとっている。 完全に暗号化されセキュアにメッセージを送れたり、デスクトップクライアントが間もなくリリースするなどアプリとしての有用性もばっちり備えている。

getgems.orgより今すぐアプリをダウンロードしてエアドロップを体験しよう。

参考元
getgems.org


domeplatform