分散型取引所OpenLedgerを使ってDigixDAOやTHE DAOを入手してみよう

トレードが開始されたばかりのDigixDAOはOpenLedger上で正式にトレードが開始された。DigixDAOの取り扱いだけでなく、現在70億円以上を調達しているTHE DAOのクリエイションもOpenLedger経由で可能となった。
THE DAOの調達額が40億円を突破、イーサリアム調達額のおよそ3倍

OpenLedgerを使いこなそう

分散型取引所であるOpenLedgerを使うと色々な通貨を手に入れることができるようになる。DigixDAOのDGDもそうだが、米ドルペッグしたスマートコイン、OBITS、LISKやAUGURなどのIOUなどなど、OpenLedgerを使いこなせるようになるだけであなたのトレードの世界は一気に広がることになる。
オープンレジャー

coinmarketcap.com

まず、BitSharesネットワークでは基軸通貨となるBTSが必要となる。OpenLedger上ではBTSさえあればどんな通貨もトレードで交換ができる。まずはBitShares(OpenLedger) ではBTSが必要であることを覚えておこう。(THE DAOのクリエイションに関してはETHが必要となるが、BTSを使ってOpenLedger上でETHを入手できる。)

BTSの入手

BTSの入手には様々な経路がある。
(1)Poloniex、ShapeShift、Bittrexなどの取引所で入手して自分のOpenLedgerアカウントへ

(2)ブリッジ機能を使ってBTSを手に入れる。

OpenLedgerのDeposit/Withdraw-METAEXCHANGEよりビットコインを使ってBTSを入手する。レートはOpenLedger上に表示されるためBTCを送るだけであなたのアカウントにBTSがチャージされる。

様々な通貨とのトレード

BTSを入手したらいよいよトレードを始められる。画面上部にあるHomeへ行くと、注目されているペアが表示されているため好きな暗号通貨をクリックするとトレード画面へ移る。
bts

いよいよトレードが可能となる。トレードペアを探したい場合にはトレード画面右側にある検索欄に好きな通貨を入力して検索もできる。
openledger

bitsharestalk.org


domeplatform