ドイツ財務省、ビットコインを支払い手段として使用しても課税しない

ドイツ財務省は、暗号通貨を支払い手段として使用することでユーザに課税することはないと述べた。アメリカや日本ではビットコインなどの暗号通貨を支払い手段として利用した場合、財産の売却とみなれ、課税されてしまう。

ドイツが発表した新たな文書では、暗号通貨を法的支払い手段とみなして、税の決定を正当化した。

暗号通貨(ビットコインなど)は、取引に関わる人のいわゆるバーチャル通貨が契約上の即時支払い手段として受け入れられている限り、法的な支払い手段と同等になります。

国は、支払方法として使用された場合、ビットコインを税務目的で法定入札と同等と見なすとしている。文書によれば、現金通貨と同様に、暗号通貨の購入は標準的なVAT(付加価値税)の対象となると述べている。さらに、暗号通貨マイニングは課税されないと記された。

仲介業者として自分の名前でビットコインを購入または販売する交換事業者は、免税を受けるが、技術市場として運営される取引所は税金の対象となるようだ。


上記のように指摘があり、ドイツ語原文での真意を確かめる必要がある。

昨年9月米国では下院議員2人から600ドル以下の支払い取引に対しては所得税の課税免除を求める法案が提出されている。

参考元
coindesk.com