硬貨と紙幣はもはや時代遅れであり、中央銀行の役目も鈍らせる。

『硬貨と紙幣はもはや時代遅れであり、中央銀行の役目も鈍らせる』そう語るのはドイツの経済学者Peter Bofingerである。

シュピーゲルのインタビューでは『毎日、お釣りが出ないための小銭の計算やレジに並んでいる無駄な時間を思い出して欲しい。そして現金を廃止することは、中央銀行が支払いをコントロールして、通貨政策の実施をより簡単にする』と話している。

ドイツでは6.4%もの一般的な買い物がオンラインでされている上に人々は普段からデビットカードを持ち歩いている。
人々が現金を使う主な理由は、その店舗がデビットカードを受け付けていないからという理由もあるようだ。
日本とは真逆で、多くの場所でクレジットカードが使えない。
こういったことからもドイツが現金を廃止する方向にもっていくのは当然のように思われる。

デンマークの中央銀行は2016年までに現金廃止

デンマーク中央銀行の最近のアナウンスによると、2016年までに硬貨と紙幣を廃止しようと計画しているようだ。
クレジットカード、e-wallet、モバイルペイメントの普及により現金の需要が無くなっているようだ。

参考元
cointelegraph.com


domeplatform