ドイツ中央銀行、「ビットコインなどのデジタル通貨は将来、壊滅的な金融危機をもたらす可能性がある」

ドイツ中央銀行であるブンデスバンクの総裁であり、ヨーロッパ金融界において最も強力な人物であるJens Weidmann氏はビットコインなどのデジタル通貨は将来、壊滅的な金融危機をもたらす可能性があると語った。

Weidmann氏は最終的に中央銀行は、公式のデジタル通貨の発行を行い国民に対して安全を保障するだろうと明言。しかしそれが、将来金融危機を起こし銀行倒産のリスクを引き起こす可能性があるとしている。
世界中の中央銀行で独自デジタル通貨の発行が検討される。〜キャッシュレスな時代へ突入するのか〜

世界的な金融危機により、ビットコインなどのデジタル通貨が注目を集めている。このようなデジタル化への移行は現在、中央銀行が直面している挑戦である。中央銀行は公式のデジタル通貨の作成により、非公式のデジタル通貨への挑戦を迫られいると述べた。

「中央銀行が債務不履行になることはないので、国民が中央銀行への請求を許可することで、流動資産をより安全にすることができる。」とヨーロッパ中央銀行による量的金融緩和政策に焦点を当てたスピーチで述べた。さらに、「これは、特に危機の時、ボタンを押すだけで銀行の預金を公式のデジタル通貨に切り替えるという強力なインセンティブが得られる。しかし、安全を捜し求めている預金者にとって恩恵となり、銀行から資金の撤退が容易に行えるようになるので、銀行にとって苦境になるかもしれない。」と話した。

彼のポイントは、将来的に通貨を完全デジタル化することで、銀行から資金の撤退が容易に行えるようになるのではないかということである。人々は金融危機に直面した際口座から資金を引き出す傾向がある。また、銀行預金の運用を行う際に、貸し手は流動性が不足し、ローンを作るのに苦労することになるだろう。
ギリシャのデフォルトは22日に決定か!?全預金の1.5%が流出、仮想通貨にも流れているか?
高額紙幣の無効によりインドのビットコインプロバイダーに問い合わせが殺到
ギリシャは資本規制導入、仮想通貨が再び注目される。
預金封鎖から逃れるには

彼は「中央銀行は、既存の決済システムを効率的かつ迅速に行えるよう努力すべきだ。ここでのバスワードはインスタントペイメントである。これが市民のデジタル通貨への関心を低下させると私は確信している。」と述べた。

ドイツ中央銀行によるビットコインに対する警告は先月頭にも行われている。

参考元
ft.com
businessinsider.com