GEMCOIN運営会社はネズミ講で120億円の集団訴訟を起こされる

今までも、そしてこれからも暗号通貨にネズミ講(ポンジスキーム)は付き物だろう。
US Fine Investment Arts (USFIA)という会社が中心となって広めていたGEMCOINは顧客に対して高配当を約束し、紹介者には現金や高級グッズの報酬を約束していた。また、USFIAは琥珀鉱山を所有していると顧客に話していたという。顧客が受け取ったサンプルの宝石は(彼らの所有する鉱山からとれたと言われている。)鑑定士によると無価値であると鑑定されたようだ。
被害者はおよそ120億円の集団訴訟を行ない、10名が詐欺として被告人となっている。

暗号通貨初心者はまずビットコインから入ろう

もともとは値の付いていなかったビットコインが10万円程度にまで高騰したことを知り、新たに美味しいコインを求める暗号通貨ビギナーは少なく無いだろう。SCAMMERは常にそこを狙っている。

ビットコインがどうして支持されているのか?ビットコインがなぜ今だに暗号通貨の中心であり続けているのか?実際に触ってみないとわからないはずだ。暗号通貨を新たに購入しようとしている人はまずはビットコインから入ってみよう。
そして、優良なALTコインのほとんどはビットコインがあれば購入可能である。

*GEMCOINはGEMZとは関係のないコインである。

参考元
cryptocoinsnews.com


3 Comments on GEMCOIN運営会社はネズミ講で120億円の集団訴訟を起こされる

  1. Gem Coinの記述がありましたが、実際にUsfiaは多くの鉱山を所有しています。
    実際の琥珀も天然でGAIの鑑定もあります。
    集団訴訟とか詐欺でという記述は実際の真実とは異なります。
    しっかりとした情報の掲載するようにしてください。

  2. Gem Coinの記述は削除をして下さい。

Comments are closed.