ガートナー:ブロックチェーンテクノロジーはハイプサイクルのピーク期にある

スタンフォードに本社を置くIT分野の調査・助言会社であるガートナーはブロックチェーンテクノロジーはハイプサイクルのピーク期にあるというレポートを提出した。

ハイプ・サイクル

ハイプ・サイクルとは、特定技術の成熟度、採用度、社会への適用度を示す図であり、ガートナー社がこの用語を造り出した。ハイプサイクルは5つの段階から構成され、黎明期、流行期、幻滅期、回復期、安定期に分かれている。

今回、ガートナーはブロックチェーンテクノロジーがハイプサイクルのピークにあるとしている。ピークの段階では、世間の注目が大きくなり、過度の興奮と非現実的な期待が生じることが多い。成功事例が出ることもあるが、多くは失敗に終わるとされている。他にはコネクテッドホームやスマートロボットなどが近い位置にあるとされている。

以下の動画ではブロックチェーンについて大まかに説明されている

参考元
prwire.com.au
ja.wikipedia.org


domeplatform