なぜビットコインではなくてGameCreditsが必要なのか?

GameCreditsはゲーム業界に特化したビットコインのような分散型の暗号通貨である。今回は最も多く挙がっている疑問である、『なぜビットコインを使わないのか?』、『GAME自体の価格変動は問題ないのか?』というテーマを取り上げてみる。

なぜビットコインではなくてGameCreditsが必要なのか?

ほとんどのゲーム企業はiOS、Google Play、フェイスブックのようなプラットフォームを利用し利益を生み出している。開発者はゲームの収入に対して30%をプラットフォームに支払っている。GameCreditsのプラットフォームは0%で利用できる。そして全ての解決策が1つにまとまっているのだ。

もしインディーゲーム開発者がビットコインを統合しようと思ったら、彼らは自身のAPIが必要となる。これには膨大な時間とお金がかかってしまう。トランザクションはより遅くビットコインはすでに大きな価値を持ってしまっているためインディーゲーム開発者は自身のゲームと共に成長するメリットが少なくなる。全てのインテグレーションされたゲームの価値が上昇すればGAME自体の価値が上昇するため開発者はその恩恵を受けられる。GameCreditsの用意するゲームハブにはGAMEを受け付けるゲームが並ぶため、ゲーマーは次々とゲームを乗り換えることができる。ビットコインの場合にはゲームハブのようなプラットフォームは用意されていないため同様のことはできない。

GAME自体の価格変動は問題ないのか?

GAMEの価格が毎週のように上昇する等の自体が発生した場合にはGameCreditsの用意するAPIによって開発者はフィアットでの価格設定を行えるようになる。つまり1つの拳銃が100円のように設定できる。そうすることによって開発者は安定的に収入を得ることができる。


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA