GAMEとMobileGoトークンはどちらが投資に向いているのか?

GameCredits(GAME)MobileGoトークンの関係や役割はハッキリしている。GAMEはGameCreditsプラットフォーム内すべてのゲームでの購入に使用される。 GameCreditsのゲームエコシステムのデフォルト通貨である。一方、MobileGoはGAMEを大量採用する中で、自社の利益を生み出す半自律型マーケティングファンドの一種となる。

GameCreditsプラットフォームを利用するゲーム開発者、ゲーマーが増加すればどちらも価値が上昇していきそうだが、それぞれには異なった特徴がある。

GameCredits(GAME)のスペック

アルゴリズム: Scrypt
ブロック時間: 90 秒
プレマイン:なし
ディフィカルティーアルゴリズム: Earthcoin
ブロック報酬: 25 GAME
最大供給量: 84,000,000
価値上昇の仕組み:取引所などの市場価格の値上がり

GAMEはGameCreditsプラットフォームを利用するゲーマーやゲーム開発者がGAMEを溜め込むことによって一番価値が上昇するのではないだろうか?最大供給量が決まっている通貨であるため、溜め込みが起こると取引市場に出回るGAMEが少なくなり価格が上昇する。例えば、ゲーム開発者は自身の作成したゲームの売り上げをGAMEで受け取り、現金化するかGAMEのまま溜め込むかのチョイスが可能となる。

MobileGoトークンのスペック

ブロックチェーン:イーサリアムとWaves
総供給量:100,000,000
価値上昇の仕組み:取引所などの市場価格の値上がり+BUYBACKシステム

MobileGoのBUYBACK資金は、ユーザーがGAMEをウォレットから購入したときに支払った手数料から発生する。

GameCredits:ウォレット内でクレジットカードと暗号通貨でのGAME購入機能を追加

MobileGoトークンの将来の時価総額はクラウドセール時に集まった資金によって大きく左右されるだろう。そしてセールで多く資金を集めれば集めるほどGAMEへの好材料となる。

GameCredits公式サイトはこちら
MobileGo公式サイトはこちら


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA