フランスの民間バス運行会社で支払いにビットコインが導入される

フランスのバス運行会社Isilinesは8月2日よりバスチケットの購入支払いにビットコインの導入実験を行っている。

今回ビットコインを導入したIsilines(Transdev Group)はフランスに拠点を置く国際民間公共交通機関グループでフランス全土をカバーする大手である。

ビットコインを使った支払いはIsilinesのウェブサイトより利用が可能である。今回フランス国内全土、またヨーロッパを行き来するバス会社がビットコインを受け付けたことで観光客にとってはクレジットカード払いで生じる為替手数料などを省くことができる。

Isilinesはフランスのビットコイン/ユーロ取引所Paymiumとパートナーを組み今回の導入が実現した。Paymiumはヨーロッパの決済サービス規制に従い運営を行うするヨーロッパ初の取引所である。

現在のところPaymiumのサービスを用いてオペレーションを行い6ヶ月間は手数料無料でビットコインの受付を行う。それ以降は、手数料0.59%で運営していく予定である。

このレートであればクレジットカード手数料よりはるかに安いため、運営側としてはビットコイン支払いは魅了的である。

参考元
cryptocoinsnews.com


domeplatform