元中国中央銀行職員による暗号通貨に関する講義が開催される

元中国人民銀行(PBoC)の金融安定局局長で、湖南省支店のマネージャーでもあったPing Xie氏はデジタルファイナンスをトピックに暗号通貨に関する講義を6月末に開催する。最初の講義は23日にオンラインでも公開される予定だ。

彼は中央銀行の業務以外位にもCentral Huijin Investment Companyのジェネラルマネージャーを務めている。さらに「中国におけるインターネットファイナンス:導入と実践アプローチ」と題するデジタルファイナンスに焦点を当てた本の著者でもある。

中央銀行出身者が正反対の性質を持つ無国籍通貨である暗号通貨に興味を持ちさらに講義を開催することは恐らく世界初だろう。

講義に関する情報はこちら

参考元
coindesk.com