LedgerX、10,000ドルで長期ビットコイン先物オプションを上場

先物取引などのデリバティブ商品取引プラットフォームを提供するスタートアップLedgerXは長期ビットコイン先物オプションを追加した。ニューヨークに拠点を置くLedgerXはすでに、機関投資家向けのビットコイン関連のデリバティブ商品を扱っている。彼らは今年7月、米商品先物取引委員会(CFTC)よりデリバティブ清算機関(DCO)ライセンスを取得している。

Long-Term Equity Anticipation Security (LEAPS)と呼ばれるこの取引は、権利行使期日までの期間が長い長期のオプションのことであり、2018年12月28日に期限を迎える。この取引条件では、購入者が期限を迎える2018年12月28日に1BTCあたり10,000ドル(ストライク価格)で購入する権利、または取引日価格の30%プレミアム権利が与えられる。オプションは権利であり、これを行使しなければいけない義務はない点が、先物と異なる特徴である。

2018年12月28日にビットコインあたり10,000ドルを超えていれば利益となる。

このオプションは17日金曜に上場し、2つの機関投資家が取引に合意した。買い手は2,250.25ドルで合意している。この場合、ビットコイン価格が10,000 ドル以下の場合、売り手は2,250.25ドルを得る、また、10,000ドル以上の場合買い手は10,000ドルでビットコインを購入可能だ。

LedgerX独自の計算に基づいた確率では、ビットコインが10,000 ドルに達する可能性は25%であると考えている。

LedgerXは今回初めてLEAPS金融商品のローンチを行ったが、1ヶ月前のソフトローンチ以降取引量を順調に伸ばしている。ビットコインデリバティブ取引では、最初の週で100万ドルの取引を記録している。

12月の2週目までにビットコイン先物取引の開始を発表したCMEグループビットコイン取引を検討するゴールドマンサックスは今回のLedgerXによる動向を注目しているだろう。

参考元
coindesk.com