フィンランドは毎月800ユーロのベージックインカムを検討中

フィンランドは国民に対して毎月800ユーロのベージックインカムを検討している。実現されれば世界初のベーシックインカムを取り入れた国となる。

Juha Sipila首相は『ベーシックインカムは私にとって社会保障制度を単純化させることです。』と話している。

ベーシックインカムは暗号通貨のテクノロジーを利用することによってより透明性の高いものになるはずだ。

Swarmはベージックインカムを導入することによって新たにプレセールを行うプロジェクトのトークンをSwarm Coinホルダーに分配するというベーシックインカムを行った。
Swarmのベーシックインカム始動

他にも独自トークンを発行するブロガーもベーシックインカムを取りれている。彼らはトークン保有比率に応じてベーシックインカムを行うなどの様々なサービスを展開している。ベーシックインカムを受ける側は毎月トークンを受け取るアドレスを事前に設定し、報酬を受けることが可能となる。

暗号通貨トークンを使った読者やファンとの交流は今後さらに発展していき、地下アイドルやコンサルタントが利用するようになるだろう。支持者たちは直接トークン発行者を応援することが可能となるため、コストカットに繋がる。

ビットコインを語ろう2.0
coinandpeace.hatenablog.com

しゅうまいの256倍ブログ
shumaiblog.com

参考元
independent.co.uk


Leave a comment

Your email address will not be published.


*