Fidor BankベテランEdward Stadum氏法律顧問としてKrakenに加入

ビットコイン取引所KrakenはドイツFidor BankのEdward Stadum氏を雇った。グローバル暗号通貨取引所として海外での複雑な法律業務の監督を中心に行う。

Stadum氏は
EUでFidorはKrakenの顧客に銀行口座を提供しており、我々は互いに重要な業務上での関係がある。と述べ、彼の新たなポジションは両社に利益をもたらすものであるようだ。

以前、彼はFidorで米国の法律顧問を務めており、サンフランシスコを拠点に置くKrakenではコーポレート・ガバナンス、金融、買収、戦略、技術、規制に重点を置いて業務に就く。

法務顧問として、最優先事項はランサムウェアを支払うためにビットコインを購入するユーザーの要求である。このような顧客の一部はランサムウェアを支払うためにビットコインを購入すると述べると取引所に拒否されることがあるようだ。

彼はこのような目的でアカウントを開設するための潜在的な法的意味を調べる。
ビットコインを利用した身代金の要求が頻発
あなたのPCをジャック。身代金はビットコイン支払いで

なによりもランサムウェアの支払いを行うために取引所のアカウントを開設する人が、そこまで多くいることに驚いた。米国でのサイバー事情は我々が予想しているはるかに上をいっているのかもしれない。

参考元
coindesk.com