リップルとビットコインを扱うFIDOR BANK、『いいね』に応じてアメリカ進出

FIDOR BANKはフェイスブックの『いいね』の数に応じてアメリカ進出を行うようだ。
まだ明らかにしていないアメリカ国内パートナーの助けを受けて行う予定でいる。
FIDOR BANKはリップルを使用した送金や、口座内の現金をビットコインに変換できるサービス、金利設定自由なP2Pレンディングなど新たな試みを数多く取り入れるブランチレスな銀行である。
ビットコインとリップルを扱うFidor銀行とは?

FIDOR BANKのフェイスブックページはこちら
facebook.com/fidorbank

アメリカを最も意識している

ユーザー数25万人のこのオンラインバンクはユーロ圏内の28もの国で業務を行うことが出来るが、それでもアメリカを最も意識してる。革新的なデジタルディベロップメントのマザーランドであるアメリカ進出に可能性を見出している。

アメリカでどんなサービスを行うのか?

残念ながらFIDORがアメリカで何を行おうとしているのかはまだ明らかとなっていないが、恐らくビットコインに関係したサービスだろう。
ドイツ国内でBitcoin.deと共に行っているサービスと同様のものをアメリカでも提供するのかもしれない。
Bitcoin.deとfidor銀行の融合

参考元
bitcoinagile.com


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA