フェイスブック、暗号通貨関連広告の一括禁止を改訂。承認を得た広告を許可する

今年1月、フェイスブックはプラットフォーム上での暗号通貨関連の広告を禁止した。さらに世界最大のオンライン広告プロバイダーであるGoogleも同様の措置を行い、ツイッターもそれに続いていた。
グーグルによる暗号通貨関連広告の禁止が発表されて以降、ビットコイン価格は8,000ドルを下回る

しかし、フェイスブックは先日、暗号通貨関連広告の一括禁止を改訂すると発表した。

発表によると、「6月26日より、事前承認された広告主による暗号通貨と関連コンテンツを促進する広告を許可するポリシーを更新する。しかし、バイナリオプションとICOを促進する広告は引き続き禁止します。」としている。

広告を行うには、取得したライセンス、公的な証券取引所で取引されているかどうか、その他のビジネス上の関連する公的な背景を含め、適格性を評価するのに役立つ申請書を提出する必要があるとしている。

また、これらのポリシーはフィードバックやどのくらいうまく機能しているかを見た上、この技術を勉強し必要に応じて時間をかけて修正していくとしている。

参考元
facebook.com