海外取引所による日本人トレーダーへのサービス停止が相次ぐ

海外暗号通貨取引所による日本人トレーダーへのサービス停止が相次いでいる。これまでに、HitBTC、Houbi Pro、Kuraken、KuCoin、BigONEが日本国内の住民に対してサービスの停止を発表した。

さらに、昨日SNSアプリの提供を行うLINEは「LINE CONFERENCE 2018」にてグローバルに展開する暗号通貨取引所としてBITBOXを発表したが、日本国内でのサービス展開は行わないとしている。

なお、HitBTCは今後日本にライセンス子会社を設立するための規制インフラを整備しているようだ。

今年3月には金融庁により世界最大の暗号通貨取引所であるBinanceへの改正資金決済法に基づく警告も行っていいた。

今後、中央管理者が存在せずP2P取引の場を提供する分散型取引所の発展が望まれるだろう。世界最大手暗号通貨取引所バイナンスは独自ブロックチェーンを開発し分散型取引所を構築する計画を発表している。

アルトコイン取引所が証券とみなされるトークンを上場廃止にするとDEXの需要が高まるか?