ユーロポールとインターポールがタッグを組んでデジタル通貨の不正利用と戦う

ユーロポールとインターポールはデジタル通貨を利用した犯罪に対してパートナーを組んで共に働くことに同意した。
インターポールは既に独自に調査を行っていたが、今回、ユーロポールとタッグを組むことになった。
インターポールが独自に仮想通貨を作って犯罪ケースを勉強

パートナーシップは今年のインターポールーユーロポールサイバー犯罪会議にて公となった。
europol.europa.eu

彼らは主にマネーロンダリングの捜査に力を入れるだろう。フィアットもネットバンクや電子マネーによりデジタル化されてきているが今後は暗号通貨によってさらに複雑化していくことになる。国際的な捜査機関がどこまでお金の流れを把握できるのだろうか、恐らくほんの一部に過ぎないだろう。


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA