イーサリアム(ETH)の価格は今後も上がって行く?!

分散型ワールドコンピュータであるイーサリアムのETHの価格は今年になってから再び高騰し1ETH=5,000円以上の値が付いている。

coinmarketcap.com

もしもイーサリアムのクラウドセールに参加していれば1BTC→82BTC、つまりおよそ6万円の投入が1,000万円以上となっていたのだ。しかし今後もETHの価格からは目が離せない。以下の理由によりETHの価格はまだまだ期待ができそうだ。

(1)イーサリアム上に構築されるプロジェクトが増えている

イーサリアム上のプロジェクトがかなり増えてきている。最近ではChronoBank, vDice, EdgelessなどがICOを行いイーサリアム上でプロジェクトを構築することになっている。イーサリアムユーザーが増えれば燃料であるETHの需要が高まる。

(2)ETHのみを受け付けるICOが増えている

イーサリアムプラットフォーム上に構築するプロジェクトのICOでETHのみを受け付けるものが増加している。間も無くスタートするGnosisのICOもETHのみを受け付けることになっている。ICOの受け付けがETHのみの場合参加者は市場からETHを入手しなければならなためETHの市場価格が上昇する可能性がある。GNOSIS ICOの詳細はこちら

(3)ETHが通貨としても利用されている

ICOやカジノのベッティングなどETHが通貨としても機能し始めている。vDiceなどのベッティングプラットフォームではETHをベットし賞金もETHで受け取ることになる。さらにはvDiceのICOに参加しvSliceのオーナーとなればETHで配当を受けられる。ETH自体が通貨のような役割を果たせばより溜め込み要素が発生し市場に出回るETHの数が減っていく。