eGaaSは世界奉仕局(World Service Authority)と協力する

eGaaSは現在、世界奉仕局(World Service Authority)と交渉中という発表が行われた。 WSAは、グローバル民主主義、自由、「世界法」、「世界市民権」、「世界政府」、「世界の旅券」というアイディアを推進している。

『Edward SnowdenとJulian AssangeはWorld Passportsのオーナーです。 我々は、市民の登録をeGaaSブロックチェーンプラットフォームに移し、WSA政府活動の発展のためのスマートな法律とスマートな契約の仕組みの使用を含む、長期的な協力を望みます。 』とeGaaSチームは話している。

電子政府サービスプラットフォームeGaaSとは一体なんなのだろうか?!

eGaaSの公式ホームページはこちら