eGaaSはリベルランド自由共和国と協力してEgaasへのシフトを発表

eGaaSリベルランド自由共和国と協力してEgaasへのシフトを発表した。

unnamed-1

eGaaS CEO,Oleg StrelenkoとLiberland大統領 ヴィク・イェドリチカは20日、LiberlandのEgaasのシフトに同意した。

Liberlandはクロアチアとセルビアの間に位置している。リベルランドへ移住を希望する者は誰でも申請できるが、共産主義やネオナチ等の過激な思想・派閥への支持あるいは所属をする者には移住を許可していない。

unnamed-2

いずれの国家によってもこの地の領有権が明確に主張されていない無主地となっており、それに目を付けたチェコ人の政治家ヴィク・イェドリチカが2015年4月13日に建国した。将来に正式に国家として承認されれば、世界で3番目に小さいミニ国家になる。

eGaaSは現在ICO中で独自通貨、プラットフォームの燃料となるEGSのセールを行っている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-22-48-54

Liberland についてはこちら


GameCredits

GameCredits

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. 電子政府サービスプラットフォームeGaaSとは一体なんなのだろうか?!

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA