Edgeless:イーサリアムスマートコントラクトベースの透明な次世代カジノ

オンラインギャンブル業界は最近、大きな問題に直面している。プレーヤーは詐欺の恐れからオンラインカジノへの信頼を失いつつある。プレーヤーがデジタルギャンブルの世界に入ると、彼のオッズが調整されておらず、ゲームの結果が実際にランダムであることを確信することはできない。誰もが単に運の悪い日だったのか、それとも大きなベット額を見てカジノ運営側が低いカードを配ったのかを知る必要がある。

少し前からプロのギャンブラーとブロックチェーン愛好家のグループがこの問題に直面していた。彼らはチームを結成し、0%のハウスエッジを提供する最初の分散型のEthereumスマートコントラクトベースのカジノを作成した。オンラインギャンブルの透明性に関する疑問は – エッジレス(Edgeless)となる。 Ethereumのスマートコントラクトのおかげで、カジノ内で起こっていることは誰でも簡単にアクセスできるようになる。だから、いたずらな人は誰も詐欺しようとしないと100%確信できる。

どんな種類のオンラインゲームでも公平さを考える上で最も重要なことは、数字/結果のランダム性だ。言い換えれば、あなたがサイコロを振ったときに、結果が実際にランダムであるかどうか(あなたが実際にサイコロを振るときのように)、またはあなたが賭けを失うようにプログラムされているかどうかは分からない。結果を得ることを含む、多くの方法で不正行為をキャッチしたカジノのリストは、膨大である。このメカニズムはかなりシンプルなため、簡単に操作することができてしまう。オンラインカジノは、カジノの番号とクライアントの番号の組み合わせを使用して乱数を作成する。それは2つの数字をブレンドし、ランダムな結果を提供する。

それの背後にあるアイデアは:カジノは自分の数字を操作することができるが、クライアントの数字を操作することはできないため結果はランダムとなり、カジノは不正行為をすることができない。しかし、まだそれを行うには3つの方法がある:

  • カジノはクライアントの番号に簡単に影響を与えることができる(これはほとんどのカジノではそうですが、普通のプレーヤーはすべてのラウンドの前にランダムな数字を入力しないため)
  • クライアントは一度番号を入力し、それを変更しない。カジノはそれを識別してその情報を使用し、自分の番号を調整することができる。
  • カジノは自分の番号を遅らせることができ、ビジターが彼を送った後に「ベンダー」に提供することができまる。その後、カジノは自分の番号をクライアントのものに合わせることができる。

スマートコントラクトに基づいているオンラインカジノが勝利をつかむことを試みるならば、それはすぐに見つけられるだろう。

さらに、0%のハウスエッジはちょっとクレイジーに聞こえるかもしれないが、現実的には0%のハウスエッジでさえ、不完全なプレイのためプレイヤーはカジノに約0.83%を与える – これは以前のネバダゲームコントロールエージェントでプロのカードカウンターBill Zenderによって算出された。

平均的なプレーヤーは「完璧なゲーム」をプレイしないので、長期的にはカジノは彼の間違いから利益を得る。ポーカーからの類推が可能。新しいプレーヤーがプロと対戦してる。どちらも50%対50%の等しい確率条件を持っている。しかし、Proプレーヤーはより良い選択を行い、新しいプレーヤーは悪い決断を下し、長期的にはProが勝利する。 0%エッジカードゲームは、プレーヤーを引き付ける主要なマーケティングツールになるが、さらに、カジノはスポーツベッティングから利益を得る。このエリアでは、カジノは賭けられたすべてのお金から4%の収入を得る。

最初にオンラインの金儲けのギャンブルハウスがあった。その後、Bitcoinカジノを手に入れた。今、カジノの新しい時代が始まろうとしている。分散型で透明で0%エッジのカジノが立ち上がろうとしている。

EdgelessはICOを通じて初期資本を調達することを決めた。開発者は初期のコインの供給の割合を初期の支持者と支持者に分配する。 EdgelessにICOに参加するそれぞれの人は、利益の40%から彼のカットを得ることができる。

EdgelessICOはすでに56,000以上のEthereumを調達しており、3月21日までオープンしている。参加者はEDGELESSトークン(EDGELESSトークン)を受け取る。 EDG保有者は、Edgeless.io利益の40%に相当する賞金プールを毎月開催するEdgeless Lotteryに入会する資格がある。開催されたEDGの額に対する賞金が与えられる。

公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


Leave a comment

Your email address will not be published.


*