オランダ大手スーパーへ爆破予告。ビットコインを要求。

オランダ大手チェーンのスーパーマケットJumboが爆破される事件が繰り返し発生。犯人は大量のビットコインの支払いを要求している。

この事件は2015年5月に始まった。最初の爆破予告の際は爆発物が発見され、無事撤去された。

だがその3週間後、2度目の事件が発生。この際爆発物が爆破されドアや窓ガラスを破壊した。

6月5日、犯人はビットコインの支払いを要求。支払われるまで爆破を続けるという手紙をスーパーマケットに送りつけた。

7月1日、爆発性のある粉と一緒にバースデーカードが送りつけられた。

幸いなことに今のところ負傷者は出ていない。
地元警察はビットコインでの支払い要求がされたことはとても興味深いと語り、犯人の行方を追っている。

近頃、このようなビットコインでの支払いを要求する犯罪が増えてきているように見える。確かにビットコインでの支払いは、直接要求先の人物との接触や警察の囮や尾行を避けられるかもしれない。
だがブロックチェーン上でのトラッキングは可能で、いざ現金化する際は細心の注意が必要である。

参考元
thenextweb.com