DreamTeam:トークンセール前のベータ版ローンチの重要性

DreamTeamベータ版はトークンセール前のローンチに成功

トークンセールの開始前にプロジェクトの作業状態を確認できることは稀なことである。DreamTeamは 、ホワイトペーパーに記載されているようにトークンセール前にベータ版の公開を達成した。投資家はプロジェクトをテストし、潜在的な実用方を理解し、投資しているプロジェクトの精神を感じる機会を得ることが可能となった。
DreamTeamは、eスポーツチームの構築、成長、管理、収益化のためのオールインワンソリューションを提供することにより、eスポーツの成長を急速に広げる最初のグローバルプラットフォームである。
DreamTeam:ベータ版公開から1週間で5,000人を超えるユーザー登録者数を獲得

eスポーツのキャリアのために必要なもの

1億ドル相当の賞金を獲得する大規模なトーナメントが行われているため、人々はeスポーツを見て楽しむことができ、視聴回数は急増している。重要なインフラストラクチャーを構築し、業界をさらに正当化するための最先端のマーケティングキャンペーンを作成し、世界中の人々が楽しむための真のエンターテイメントとして定着させるため、膨大な投資が業界に注がれている。有名なeスポーツチームのチームメンバーとしての中心的な役割を果たすことは、有名なサッカー選手になるよりもさらに魅力的なことなのだ。

メディアの権利とスポンサーの収入に関して、2017年、スポーツでは5億人の視聴者と900億ドルの収益を生み出しているが、eスポーツでは4億人の視聴者に対して4億ドルの収益しか生み出せていない。これは、通常のスポーツでのARPUは約18ドルであり、eスポーツではわずか1ドルであることを意味する。このデータはeスポーツ業界が、構造化されていない市場環境であるため高潜在的市場であるということだ。

現在世界中で少なくとも5千万 のチームが存在するが、わずか100万のチームほどしか活動していない。それには根本的な理由がある。既存のツールやウェブサイトはあまりにも漠然としていてデザインが貧弱で、一般的にすべてのアマチュアとプロの両方のeスポーツゲーマーに提供できるものが限られている。第二に、eスポーツゲーマーチームを創設することに数ヶ月の時間と数千ドルを投資が必要となることである。DreamTeamは多くのユニークなツールを提供しており、スポンサーシップとメディア権利の販売、賞金、給与、プレーヤー移転を行うことができる唯一のオールインワンソリューションプラットフォームである。現在のところ、このすべては単一の場所で利用でないが、DreamTeamはすべてのeスポーツビジネスを一つの屋根の下に統合する。

プラットフォームへの登録は簡単で、プレイヤープロファイルまたはチームプロファイルを作成することが可能だ。最初にサポートされているゲームは、CS:GOのLeague of Legendsだ。コミュニティメンバーのゲームスキルに関する情報は、対応するSTEAMアカウントから直接取得される。また、プレイヤーは好みの役割とゲームの共通レベルを示すことができる。これにより、チームメイトを見つけ出し、eスポーツ業界を統合するのに役立つ。

ブロックチェーンとスマートコントラクトテクノロジーに基づくプラットフォーム

ブロックチェーンとスマートコントラクトテクノロジーにより、DreamTeamは、オールインワンソリューションを提供し、1つのプラットフォームで数十億ドルの経済を構築するユニークなソリューションを提供する。DreamTeamは、すべてのプレーヤーにとって安全なプラットフォームを目指しています。例えば、チームはチームマネージャーとチームコーチのためにKPIを設定することができ、順番に各プレーヤーの個人KPIを設定する。その後、一定期間(例えば、1ヶ月後)に、スマートコントラクトによって全員が自動チェックされ、結果に応じて、プロセスのすべての参加者は給与およびボーナスを受け取る。トーナメント賞金、トーナメント開始前にスマートコントラクトが締結され、トーナメント終了後もすべてのチームが直ちにその結果に従って支払いを受ける。このため、プラットフォームにはDreamTeamトークンとブロックチェーンテクノロジが必要となる。

近いうちに、プラットフォームは、様々なeスポーツスタッフ(コーチ、マネージャー、個人心理学者)、アマチュアとプロ選手のためのトーナメントリスト、スポンサーシップとメディア権利の販売などのツールを追加します。これは、eスポーツのすべてのビジネスを1つの屋根の下に統合する最初のプラットフォームである。チーム、ゲーマー、コーチは、すべてのタイプの給与とボーナスを得ることができます(チームを選手に、チームを選手に、選手を選手に選ぶなど)。

さらに、スポンサーシップとメディア権利契約は、DreamTeam トークンを介して検証され、支払いはスマートコントラクトによって安全に署名することができる。また、ネットワークは、スポンサー、スポンサーチーム、トーナメントを引き付けることで、チームの作成と一般ユーザーのベースを向上さる。これによりゲーマーエンゲージメントを向上させ、定量的な効果を高めることができる。

また、このテクノロジーはすべてのDreamTeamユーザー間の金融取引のセキュリティを保証するため、ネットワーク上のすべての財務的相互作用はブロックチェーンに基づいている。また、この次世代金融エコシステムを規制をしてる。 DreamTeamはスマートコントラクトのための最初の、そして最大規模のイーサリアムベースのブロックチェーンプラットフォームで動作する。現時点では、DreamTeamがDreamTeamトークンを発行するためには、Ethereum ERC20 Token Standardが最も適している。収益化が行われる第2四半期に、すべてのトークンが1/1の比率で交換され、より便利なプラットフォーム(Eos / Tezos / Wavesまたは独自のプロトコル)となる。これにより、DreamTeam Crewはトランザクション量を増やし、トランザクションあたりの発生費用を最小限に抑え、絶え間なく進化するブロックチェーンテクノロジーを常に最新の状態に保つ。

動作するベータ版がなぜ重要なのか?

ベータプラットフォームは、プロジェクトの実現可能性を示している。潜在的な投資家やゲーマーは、ホワイトペーパーを読むだけでなく、実践的なアプローチを試みることによって、プロジェクトの可能性を認識することができる。さらに、DreamTeamのようなローンチに成功したプロジェクトは、コンバージョン率が高いことを示している。これはプロジェクトのコンセプトの証明となるのだ。

DreamTeamの開発者は、非常に限られた時間枠で作業プラットフォームを立ち上げる際にかなりの労力、スタミナ、プロフェッショナリズムを示し、DreamTeam Crewの投資が成功した後、プロジェクトの完全な可能性を向上させて実現するオプションがさらに広がる。

現在DreamTeamはプレセールへの参加者を募集している。ApplicationFormより申請を行うことでプレセールへの参加が可能だ。11月20日よりトークンセール第一フェーズが開催される。こちらもETH、BTCでの参加が可能。DDTトークンのレートは1ETH = 2000DTT、ボーナスは1日目-5%、2日目-2~3%である。トークンセールは第二フェーズまで開催される。

DreamTeam: eスポーツチームへのオールインワンソリューションを提供

DreamTeam公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。