Dome Platform: 最初の分散型グローバルWi-Fiを作成するスタートアップ

Dome Platformは、イーサリアムブロックチェーンに基づいた分散プラットフォームで、ドームプラットフォームは、世界中のWi-Fiネットワークを構築するために設計された。プライベートユーザネットワークを組み合わせて報酬を得る。このシステムは、ユーザがどこにいるかに関係なくインターネットはWi-Fiネットワークを使用することを可能にする。

現在の世界では、先進国の4G(LTE)のコストはより高くなっているが、公共に利用可能なWi-Fiの品質はより良いものとなっている。Dome Platformはブロックチェーン上に構築され、モバイルクライアント(iOSとAndroid)を使用してすべてのプライベートWi-Fiネットワークを巨大なドームネットワークに接続する。ユーザーは4G(LTE)請求を節約でき、いつでもインターネットにアクセスできる。接続は無料、ワンクリックで行われ、場所を選ばない。

ブロックチェーンを使用してDMEトークンと新しいモバイルアプリケーションのための完全な経済を実現することにより、Dome Platformは同じ種類の既存のプラットフォームと競合して優位を占めることになると彼らは考えている。イーサリアムブロックチェーン、トークン報酬、およびプロジェクトの経済的側面の使用は、ユーザーにとって魅力的なものになり、プラットフォームの急速な成長と拡大につながる可能性があると考えている。

Dome Platformの最も重要な機能は、Wi-Fiネットワークを共有する人々へのトークン報酬、すべてが自動的に行われる完全自律システムであり、ユーザーは接続の設定、パスワードのコピー、SSIDの覚え書きを行う必要はない。 DMEトークンの有用性を促進するDome Platformの主な機能は、モバイルアプリケーションに統合された特別なビジネスプラットフォームである。

Dome Platformアプリケーションでは、異なるWi-Fiホットスポットの広告を設定できる「ビジネスアカウント」を作成できる。 ネットワークを共有している店舗、コーヒーショップ、公社のネットワークに接続する各ユーザーには、そのビジネスの広告が表示される。

Dome Platformの使用は、旅行者にとっても有益である。 携帯データのローミングコストが高いため、多くの場合、海外を旅行する人にはスマートフォンの使用が制限されることがある。 Dome Platformは、ユーザーがその場所に関係なくインターネットにアクセスすることができる登録の数分を費やした後、その問題を解決する。 アプリケーションには、周囲のWi-Fiネットワークのオフラインマップがある。

チームは、現在、住宅や車を借りるための旅行会社、航空会社、サービスと協力するパートナーシッププログラムを開発している。 これは世界中のプラットフォームの人気を広げるのに役立つ。 ICOは、10月2日から2017年11月2日の期間に開催されるDMEトークンの総数は、9,000,000ユニットに制限されており、60,000,000がクラウドセールで利用可能となる。

公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。