DMarket:マーケットプラットホームとブロックチェーンテストネットのアルファ/デモプロダクトがローンチされる。

世界中に23億のゲーマー達、開発者、起業家が仮想アイテムを効率的かつ安全に評価して取引できる新たなエコシステムを構築するDMarket本日深夜1時よりICOを開始する。(ビットコインSegwit2xハードフォークの影響によりトークンセールの開催は11月14日に延期されました)

ICO開始を目前にアルファ/デモバージョンプロダクトブロックチェーンテストネットが公開された。

DMarketデモを使用することで、ゲーム内資産の取引プロセスの閲覧テスト、トークン動作の閲覧、ブロックチェーンウォレットとパーソナルキーのテストが行える。また、ブロックチェインエクスプローラを表示でき、ブロックにはプラットフォームで処理されたすべてのトランザクションに関する詳細が表示される。

今回当初の予定通りにテストネットを公開したことで、開発は順調に進んでいることが伺える。また、ロードマップでは、2018年第一四半期にゲームに接続するMVPと仮想アイテム実際に作るブロックチェーンを立ち上げる予定だ。

本日深夜1時よりトークンセールを開催

DMarketの目標は、透明かつ効率的な方法で4,500億ドル以上の新たな世界経済を構築することだ。

DMarketは、ブロックチェーンとスマートコントラクトをベースにした世界初のクロスプラットフォームプラットフォームで、あらゆるプラットフォーム上のすべてのゲームの間であらゆる仮想アイテムのワンクリックセール、取引、評価を可能にする。DMarketトークンは、プラットフォーム内で使用される唯一の暗号通貨であり、異なるオプションアイテムの交換、取引、料金、スマートコントラクトを提供する。

トークンセールの第2フェーズは11月3日から始まり、11月17日まで継続される。最低取引額は75 DMarket(0.1 ETH)、最大金額は25,000 DMarket(33.334 ETH)となる。(ビットコインSegwit2xハードフォークの影響によりトークンセールの開催は11月14日に延期されました)

取引レートは1ETHに対して750 DMarketトークン。受け入れ可能通貨は、ETH、BTC、およびLTCとなっている。

DMarketの公式ホームページはこちら
DMarketに関する記事はこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。