DMarket:Segwit2xハードフォークの影響によりトークンセール開催の延期を発表

DMarketはビットコインがSegwit2xハードフォークを控えていることから、多くの投資家の要望に応え、11月3日深夜に開催予定であったトークンセールを日本時間11月15日に延期した。(プレセールは現在も募集中)

DMarketは、ブロックチェーンとスマートコントラクトをベースにした世界初のクロスプラットフォームプラットフォームで、あらゆるプラットフォーム上のすべてのゲーム間であらゆる仮想アイテムのワンクリックセール、取引、評価を可能にするプロジェクトだ。
DMarket:すべての仮想アイテムを実際の商品に変える分散型のマーケットプレイス

DMarketでは、どんなゲーマーも自分のゲームアイテムの本当の所有者となる。DMarketブロックチェーンを使用することで、すべての仮想資産がBTCやETHのように保有可能になる。APIを使用することにより、すべてのゲーム開発者はゲームをDMarketに簡単に接続でき、すべての操作は高速で、セキュリティが確保され、直ちに同期される

DMarketはすでに2017年8月に4日間のトークンセール第一フェーズを開催し1,090万ドルを調達している。また、2017年10月30日にマーケットブロックチェーンテストネットのアルファ / デモバージョンを発表した。

トークンセールは11月15日に開催

DMarketのICOは11月15日深夜2時より開催される。
取引レートは1ETHに対して750 DMarketトークン。受け入れ可能通貨は、ETH、BTC、およびLTCとなっている。

DMarketの公式ホームページはこちら
DMarketに関する記事はこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。