DMarketとDreamTeamがパートナーシップを結びトークンセールの特別オファーを発表

世界初のブロックチェーンベースのクロスゲーム市場DMarketと、分散型Eスポーツとゲーム採用管理プラットフォームDreamTeamがパートナーシップを締結した。

DMarketのCEO Volodymyr Panchenko氏は「我々はゲームとEスポーツの経験が豊富で、このパートナーシップがどのようにグローバルゲームコミュニティに役立つかという共通のビジョンを持っています。」と話した。

合意によると、両社は大規模なデータ分析と機械学習ツールに関する協力を行う。さらに、DMarketは、DreamTeamのローンチ後12ヶ月に及び広告スペースの30%を獲得し、DreamTeamコミュニティ内でも広告が行われる。クロスプロモーションのメリットはDMarketからDreamTeamにも提供される予定だ。

DreamTeamは、DMarketのゲームアイテムの取引モジュールをAPI経由で組み込み、DMarketプラットフォームで即座に取引することが可能となる。

この提携により、ゲーマーはDreamTeamで関連するチームを見つけ、ゲーム内の資産をDMarketで取引することができる。各DMarketユーザーは、関連するスキルと経験を持つゲーマーを探しているチームを作成または参加させるための招待状を送るまたは、獲得することができる。 DreamTeamを積極的に利用しているゲーマーには、DMarketのブロックチェーン上でゲーム内資産が与えられる。トーナメント主催者およびゲーム出版社は、DMarketのインセンティブとしてのゲームアイテムをDreamTeamの内部通貨とともに提供することが可能となる。

DreamTeamのCEO Alexander Kokhanovskyy氏は、「このパートナーシップにより、両ブランドとも真の破壊的な機能を提供し合い、視聴者を拡大することができます。 ゲーマーが新たなバーチャルエコノミーに積極的に参加し、すぐにEスポーツの世界に参入できるようにします。我々は、両方のプラットフォームのビッグデータと機械学習分析に基づいたユニークなマネタイズソリューションを提供します。これにより、同じゲーマーがゲームアイテムの交換とチームの作成、スキルの向上、トーナメントによる報酬、スポンサーへのサインアップなど専門的なより多くの機能が利用可能となる。よって、彼らは報酬を得ながらゲームを楽しむことが可能だ。」

DreamTeamはパートナーシップに加えて、DMarketのトークンセールをさらに72時間追加でサポートを行う。 トークンセールは12月1日まで開催され、特別オファーでサポートが行われる。

すべてのDMarketプレセール参加者はDreamTeamトークン販売フェーズ1で15%の特別ボーナスを、DreamTeamトークン販売フェーズ1期間内でDMarketクラウドセールのすべての参加者は7%ボーナスを獲得できる。

DMarketは、現在進行中のICOで既に1600万ドル以上を調達している。

DreamTeamプレセールは、12月7日から12月10日まで行われ、トークンセールは、12月11日から12月14日まで開催される。

DMarketの公式ホームページはこちら
DMarketに関する記事はこちら
DreamTeamに関する記事はこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。