初めての完全な分散型取引所、BitSquareのβ版が4月27日にローンチされる

アマンダ・B・ジョンソンがホストを務めるDaily DecryptでBitSquare創始者へのインタビューが行われている。

BitSquareはデスクトップアプリケーションとしてインストールして利用する。プラットフォームに支払われたビットコインは特定のユーザーのビットコインウォレットかマルチシグトランザクション内へと行き、プラットフォーム自体に保管はされない。トレードが決済されたら資金もマルチシグトランザクション自体から決済される。

プラットフォームはトランザクションを3つのキーを含むマルチシグチャンネルで扱い、買主、売主がそれぞれキーを1つずつ持ち、特定のトランザクションの場合には仲裁人が残りのキーを持つ。仲裁人は論争解決時に責任を負い、匿名で、誰でもなれる。仲裁人になるためにはあらかじめセキュリティーデポジットとして資金を入金する。トレーダーもまたトランザクションが完了した後に返金される少額のデポジットを行う必要がある。

フィアットのトランザクションはOKPayやPerfect Moneyなどのサービスを利用する予定のようだ。BitSquareを利用するのに登録や本人確認書類の提出は不要である。

参考元
bitsquare.io