Giga Wattと既存クラウドマイニングの決定的な違い

既存のクラウドマイニングには収益を上げられないサービスが多く存在しているが、Giga Wattと一体なにが違うのだろうか。

クラウドマイニングについて問題であることの1つは、極端に不透明性で高いことである。クラウドマイナーたちは、一般に、機器のブランド名、モデル番号、シリアル番号、電力効率と消費、コストの内訳、プール名、施設の場所などを知らない。彼らはただプラットフォームに参加し、ハッシュを開始するのだ。

クラウドマイニング企業が販売するハッシュの価格をメーカーの機器価格と比較すると、大きな利幅があることがわかる。(少なくとも30%、最近では180%までの例も見る)。

あなたがハッシュを購入してマイニングを開始した後は、マイニングの報酬と費用についての明確な説明がなく、収入は非常に不均等で予測不能である。継続するための手数料は不明で、電気、メンテナンス、インフラストラクチャ全体の使用料金はすべて固定されており、クライアントは通常、毎日の報酬の合計のみしか確認できない。よって一般的には、クラウドマイニングはマイニングを始めるには便利で簡単な方法である。プロセスを見たり、手を動かす必要はなく、修理を必要になることもない。よって顧客は特定の高価なサービスを購入するのだ。顧客が念頭に置いておくべきもう一つのことは、クラウドマイニングに多くのポンジスキームプロジェクトがあるということだ。 Giga Wattのサービスはまったく異なるモデルに基づいている。

クラウドマイニングとGiga Wattのアプローチの唯一の類似点は、リモートマイニングという考え方のみだ。それ以外、Giga Wattは、顧客が所有するマイニング設備を最先端の施設でホストすることで、独自の持続可能なマイニングビジネスを構築するのだ。しかし、このタイプのオペレーションでは、初期の金額(業界では極端に低い)と顧客自身による多くの意向と活動が必要となる。

Gigawattのマイナーは、マイニング設備と施設のホスティング能力へアクセスするためのWTTトークンを購入する必要がある。

例えば、自身でマイニングを行うために、現時点で最も安価なオプションを取ると場合: Giga Wattのサイト(PSU、配送料、税金込み)で一つのS9マイナーを購入した場合、現時点で1,602ドルの費用がかかる。その消費電力は1,323 + 10%なので、ホストするためには約1,455 WTTのトークンが必要となる。最初の2週間のセール期間中にトークンを購入した場合、1,455ドルの費用がかかる、よって初期費用は3,000ドル以上となる。クラウドマイニングでハッシュを購入する場合よりもはるかに多くなる。(自身でこの種のマイニング作業をするためには、通常、数百万ドル以上を費やさなければならないことを頭に入れて欲しい)。

いつでも任意の額のトークンを購入してそれを借りることができるが、マイニング設備を購入しなければ自身でマイニングすることはできない。マイニング設備はGiga Wattによってホストされ、維持されるが、戦略的なビジネスの決定はマイニング設備所有者によって行われる。購入する機器と購入時期を決定し、機器が故障した場合は、修理代を支払う必要も出てくる。彼らは、マイニングをやめ、他のマイナーにWTTトークンを貸しお金を稼ぐことも可能だ。マイニング作業を完全にコントロールすることができるのだ。

Giga Wattの顧客は、インフラストラクチャーの電力、メンテナンス、使用(施設の賃貸)などのコストがいくらであるかも正確に知ることができる。

トークンが発行された後、トークンホルダーは電気代およびメンテナンス料の支払いのみを行う。(施設にアクセスするために既にトークンを購入している場合、これ以上の支払いは必要はない)。そのため、コストは1kWhあたり3.3セントと低くなる。(電力あたり2.8、メンテナンスあたり0.5)。すべての費用は非常に透明で、こちらで確認が可能だ。(詳細は(i)のアイコンをチェックして確認)

公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


domeplatform