DASHユーザーにとって最も興味深い今後3つの開発変更

2017年はDASHにとって様々なイベントが起こる年となっている。以下は今後行われるDASHユーザーにとって興味深い3つの開発変更となっている。

DASHコア

DASH開発の主なソフトウェアブランチは2017年12月に大幅なアップグレードが行われる。開発者は多くの異なるプロジェクトに取り組み、その大部分はDashCore 12.3リリースで最高潮となるだろう。まず第一に、HDウォレットの導入がある。これはかなり重要な発展である。その他の機能には、API&SDKテスト、マルチステージエスクロートランザクションなどがあある。

DASHPAYウォレットアルファ

DashPayはビットコインユーザー間で非常に人気のあるCoPayウォレットと非常によく似た機能を備えている。

DashPay Walletのアルファテストでは、いくつかのネットワーク変更も導入される。 DASHのブロックサイズは2MB増えますが、決して悪いことではない。さらに、チームは将来の5MBへのアップグレードが必要かどうかを検討している。このリサーチ文書はすべて、DashPayのアルファ版の発表と同時に、2017年9月に予定されている。スケーリングの議論はBitcoinとEthereumをはるかに超えている。

DASHPAY EVOLUTIONウォレット

DashPay Evolution ウォレットのリリースには、2つの異なる段階がある。テストネットリリースは2017年11月に予定されており、ユーザーはサインアップしてプロセスを紹介することができる。テストネットフェーズでは、購入契約や進化型アカウント管理機能の基本サポートにアクセスすることもできる。これにより、DASH開発者は大きな変更を加える必要があるかどうかについて貴重なフィードバックを得ることができる。

このテストフェーズは、必要に応じて特定のタイムラインを上げることができ、2018年2月まで実行される予定です。また、派生するプロセスとEvolution アカウントマネジメントがネットワーク上のすべてのユーザーに利用可能になる。

DASHの公式ホームページはこちら


Leave a comment

Your email address will not be published.


*