ドイツ銀行ストラテジスト、「フィアットマネーの終わりはそう遠くない」

ドイツ銀行のトップストラテジストは、不換紙幣の終わりがそう遠くないことを推測している。

ビットコインはもともと、国営通貨の債券化とインフレによる富の崩壊からユーザーを解放するP2Pシステムとして開発された。その驚異的な成長にもかかわらず、ほとんどの主流の金融アナリストは、日常的な取引に使用される通貨として採用されることはないと批判する。

ビジネスインサイダーの報告書によると、ドイツ銀行のストラテジストJim Reid氏は、現在の金融通貨制度が今後10年以内に崩壊し、代替通貨制度の誕生を促す気候を作り出すことができると考えている。

彼は、最近発表された研究論文で衝撃的な主張をしており、1971年にアメリカのリチャード・ニクソン大統領がドルを金から切り離した時から始まった現在の金銭的金融システムは、本質的に不安定で、高いインフレ傾向があると主張している。インフレによる腐食の影響は、主に中国経済の急成長と世界の就業年齢人口のために、主要な経済市場では覆されている。彼は、これらの要因が、中央銀行がインフレを外部からコントロールし、賃金があまりにも急速に上昇するのを防ぐ状況を作り出したと述べている。

彼は、中央銀行が今後10年間でコモディティーに支えられた金融システムへの移行を真剣に検討し、主流の金融業者によって疎外されたゴールドバグを擁護すると予想している。
多くのビットコイン支持者は、デジタル時代の到来にはデジタル通貨が必要だと考えている。Reid氏は、暗号通貨や他の媒体が最終的に紙幣に取って代わる可能性があり、その新しいシステムがビットコインに基づいていると予測する。

「暗号通貨の現在の投機的関心は、紙幣の信用の喪失よりもブロックチェーン技術に関係しているが、ある時点では、より普遍的な取引の中央値と紙幣の競合が存在する可能性が高い」と結論づけた。

世界中の中央銀行で独自デジタル通貨の発行が検討される。〜キャッシュレスな時代へ突入するのか〜

参考元
cryptocoinsnews.com
businessinsider.com