ラグジュアリー市場に広がるビットコイン支払い。米ヨットディーラーがビットコイン決済を受付。

フロリダ州のヨットディーラーDenison Yachtingは、マイアミ国際ボートショーであらなたハイエンドヨットの購入にビットコインや他の暗号通貨を利用し購入可能にすることを発表した。

CEOのBob Denison氏は、「これはできるだけ簡単にヨットの購入行うようにするディーラーまたはブローカーとしての仕事です。」と述べ、暗号通貨のボラティリティーに関しては、「本質的には少しリスクがあるだろうが、私は本当に暗号通貨の未来を信じており、私はそれが安定すると信じている。」と話した。

Denison氏は暗号通貨愛好家でおよそ1年前にビットコインやイーサリアム、トロンなどを保有し始めたという。また、マイニングも自身で行っている。

彼は新しいボートを購入するために暗号通貨を使用することで、そのような取引がビットコインの評判に役立つ可能性があることを強調している。

人々は匿名であるということから、暗号通貨に関する誤解がある。車や家庭やボートなどでビットコインで取引する人が増えれば、この誤解は解けるだろう」と話した。

販売される新たなハイエンドヨットはおよそ900BTCのHatteras M90 Panaceraで91フィートのガラス張りのヨットは、明るく風通しの良いインテリアが魅力だ。

これまでにも不動産や車など多くの企業がビットコインでの支払いを受け付けきており、近年その数は増え続けている。特にラググジュアリー市場での暗号通貨支払いの受け付けが目立っている。

Aston Plaza & Residencesはドバイの高級マンションをビットコインで50部屋全てを完売

東京にあるデリバリーヘルスとホストクラブがビットコイン支払いを受付

ギリシャ富裕層は高級住宅をビットコインで販売、フィアット<ビットコインの流れ

参考元
cnbc.com