世界四大会計事務所のデロイトはビットコインATMを走らせる

世界四大会計事務所のデロイトはビットコインATMのオーナー兼オペレーターとなった。デロイトRubixブロックチェーンのカナダオフィスはビットコインATMのインストールを行った。このATMはBitaccessによって作られ、現金でビットコインの売買が行える。ビットコインATM導入の背景には顧客に実際にビットコインに触れてもらうことでブロックチェーンの理解を高めてもらうためである。ブロックチェーンを理解してもらうためには最初にビットコインに触れてもらう必要があり実際に体感してもらうにはATMが必要と考えたようだ。ATMの利用には技術的な知識は必要なく携帯の電話番号さえあれば誰でも利用できる。

日本国内にもいくつかビットコインのATMは存在するが最初の数百円程度を試し買いするにはとても便利である。しかし、ATMによっては手数料設定が高いため慣れてしまえばすぐに取引所でビットコインの売買をしたくなるだろう。少額の売買であれば本人確認が不要なものもあるが電話番号などを要求するものも多い。

これまでのビットコインATMに関する記事はこちら

参考元
coindesk.com


Leave a comment

Your email address will not be published.


*