DECENTの新たなパートナーや新たなペーパーが発表される

ソフトウェアセールが残り4日に迫っているDECENTに新たなパートナーやニュースが発表された。ソフトウェアセール自体は2016年9月10日から開始する。

DECENTのキー配布開発

unnamed

Polynomials of degree 2 through 2 points (Wiki)

DECENT-Coreのもっとも面白い特徴はキー配布にShamir’s Secret Sharing (SSS)というコンセプトを利用してるということだとMatej Michalko氏は説明している。SSSはスレショルドスキームを提供し全ての参加者の一部がキーの復号を要求される。SSSがDECENT-Coreにどのように実装されるかは以下のペーパを読んでみよう。

プロトタイプデモビデオ
・DECENT ホワイトペーパー
・DECENT イエローペーパー

Freewalletとパートナーを組みDCTアセットを誰でも簡単に管理できるように

unnamed-1

DECENTはFreewalletとパートナーを組み誰もがDCTアセットを簡単に扱えるようにする。2016年1月からスタートしたFreewalletはいくつかの暗号通貨ウォレットをリリースしている。DECENTはモバイル対応を優先的に考えているようだ。技術に関する知識が豊富な人もそうでない人も簡単にブロックチェーンベースのコンテンツ配信プラットフォームを利用できるようにするのが目標である。

DECENTの注目度が上昇中、グーグルからのサポートも受ける

夏から行っているアドバタイズキャンペーンによってDECENTの注目度がかなり上昇しているようだ。今日利用可能なフェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディアのおかげもありDECENTの閲覧数は数千に達している。ツイッターフォロワーも3800名に達している。

そしてGoogle Ad Grantsにも適格とみなされた。Google Ad Grantsは非営利団体向けの無料広告プログラムで、DECENTファンデーションはLinuxファンデーションと同じミッションを掲げている。

unnamed-2

unnamed-3

今後はブラチスラヴァ、ウィーン、マイアミ、ナッソーなど世界中でミートアップに参加する。残念ながら日本では行われないがDECENTチームは9月1日に中国にも訪問し、中国で大きな注目を集めている。上海のGlobal Blockchain RoadshowでKeynoteスピーカーとして登壇したMatej Michalko氏はDECENTのソフトウェアセールについて700名の参加者にアナウンスをした。

DECENT:創始者のMatej Boda氏へインタビュー

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。