DECENTテストネット#2がローンチ&開発アップデート

ブロックチェーンベースの分散型デジタルコンテンツプラットフォームDECENTはテストネット#2、「Alberti」をローンチした。

DECENTアプリケーションのダウンロードに関するすべての情報、ガイド、リンクとともに、登録されたすべてのテスターに​​招待状が配布されている。メールボックスをチェックしてDECENTの能力を体験し、チームにフィードバックしよう。

DECENT Testnet#2 ‘Alberti’の追加機能とアップデート

  • Windowsクライアント – WindowsクライアントはMac OSバージョンに含まれているすべての機能を利用できるようになった。
  • 地域の権利 – コンテンツがいくつかの地域の特定の設定を持つことを可能にする。特定の国の特定の価格(CLIでのみ利用可能)
  • サブスクリプションメカニズム – ユーザーがお気に入りの著者に登録できるようにして、公開されている新しいコンテンツについて常に知らせる(CLIでのみ利用可能)
  • DCT機能を送信 – テストDCTを他のアカウントに送信して、トランザクション履歴を表示できる。
  • 複数のコンテンツタイプのフレームワーク – 追加のコンテンツタイプがサポートされるようになった(PDF、オーディオファイル、プレーンテキスト、SDモデルなど)

DECENT GUIの改善と開発の更新

DECENT GUIでは、コンテンツの公開および購入プロセスをユーザーフレンドリーで直感的にするためにいくつかの変更が行われている。最も重要な改善点は、作成者が必要なすべての情報を入力し、シーダーの数を選択し、コンテンツの要求された有効期間を設定するときに表示される「コンテンツアップロードの最終コスト」の追加である。さらに、ユーザーが列ヘッダーをダブルクリックした後、すべてのセクションで並べ替えが使用できるようになった。 DECENT Testnetユーザーは、「アップロードポップアップウィンドウ」で複数のシーダーを選択し、アップロード状況とブロックチェイン同期の状況を表示できるようになった。

DECENT公式ホームページはこちら


domeplatform