DECENT ICOのオーバービューが公開される。いつ、どれだけのビットコインが投入されたのか!?

DECENTのICOは9月11日より開始され、8週間続いた。11月6日に無事終了し、合計で5881BTCの調達を成功したのだが、一体どのタイミングでどれだけのビットコインが投入されたのだろうか?

unnamed

DECENTの初日ボーナスは50パーセントとかなり大きかったためセール参加者は初日に集中している。ICOが進むにつれて投入される金額は落ちているが、終了間際に駆け込み需要が起きているように見える。初日に64パーセント(3861BTC) 集まっている。

BTC投入量

unnamed-1

0.2パーセントが50BTC以上の大型投入を行っている(1つは200BTCだった)ほとんどが1BTC以下の投入なのがわかる。

DCT生成量

unnamed-2

70パーセントがICOで生成され、10パーセントがDECENTファンデーション、残りはバウンティーなどのために生成された。

6,730万DCTが発行された

自らICOのオーバービューを発表するプロジェクトは珍しいのではないだろうか?このデータは今後ICOを行う予定のプロジェクトが参考にできそうだ。事前マーケティング、ボーナス量の設定やICO開催期間などは非常に繊細なもので、これらを誤ると調達量が大幅に減少する可能性もある繊細なものだ。

今後はプロジェクトのローンチ、取引所の扱いが決定次第DCTを動かせるようになる。
DECENTプロジェクトの進行具合はブログポストやツイッターをチェックしよう。

参考元
decent.ch


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA