DECENT:現在の開発状況をアップデート

最近、DECENTはコンテンツアップロード機能、ピアツーピアファイル転送を可能にするIPFS統合、GUIウォレットなど、Caesarテストネットを開始した。最新のスプリントが完了し、開発チームが最初のテストネットであるCaesarの最も重要な問題に対処した。

DECENT開発チームは、シーザーのコア機能、主にGUI Walletと将来のDECENT Networkのトランザクション本体全体を完全に開発した。テストの目的で、GUIウォレットはコンテンツのアップロード、ダウンロード、検索、評価の3つの改善を可能にした。

単語またはフレーズを検索した後、結果のリストが、ポップアップウインドウ内の選択された項目に関する情報と共にユーザに表示される。その情報には、作者の名前とランキング、アイテムのサイズ、説明、価格が含まれる。

著者はDECENT Networkにデジタルファイルをアップロードすることができ、コンテンツの価格を決めるか自由にするかを決めることができる。 DECENTのブロックチェーンは、トランザクションデータと著者評判の記録を保持する。

さらに、開発チームは、ダウンロードとアップロード機能を扱うIPFSとLibtorrentのTorrentDriverに似たインタフェースを完全に統合することを確定した。

Sprint 2017-Eはユーザーエクスペリエンスと安定性の問題に焦点を当てていたが、Web Walletのコーディングを開始した。ファイルサイズ、長さ、作成者、および「コンテンツを購入」ボタンを表示するために、「もっと見る」機能を追加した。DECENTはまた、トランザクションタブをデモしている。それに加えて、招待されたテスターがアクセスできるサポートフォーラムが存在する。また、GUIウォレットに格付け機能もある。ユーザーが何かを購入した後、それを評価することができる。 [取引]タブでは、ユーザーがアカウントを検索したり、アップロードやダウンロードの履歴など、ユーザーに関する詳細情報を表示できる。

DECENTの公式ホームページはこちら


Leave a comment

Your email address will not be published.


*